1ヶ月分/500円!格安&強効果!話題の口臭サプリレビュー

多汗症とワキガ対策治療・原因の違い【多汗症=ワキガじゃない!】

[st-kaiwa1]両方とも汗に関する悩みですが、対処方法・原因に至るまで大きく異なります。[/st-kaiwa1]

 

【汗っかき=ワキガ・ワキガ気味】と認識している方も多いかと思いますが、多汗症とワキガは全く異なりますので、当然対策方法にも違いがあります。

その為、いくら同じ汗に関する悩みでも正確な対策方法・原因の違いを理解していないと、一向にあなたの悩みは解消されない可能性が高いんですよ( ˘ω˘)

早速多汗症・ワキガの対策方法の違いを確認する。

[st-kaiwa1]両方とも正しい対策方法を理解することで、あなたの悩みの原因をしっかり解消出来ます♪[/st-kaiwa1]

多汗症の特徴・疑問

多汗症はエクリン汗腺が原因の場合が多い

多汗症の多くの原因を占めているのが、汗腺の中でも特に水分を体外に排出するエクリン汗腺と呼ばれている汗腺の一種です。

良く知られている汗腺として、アポクリン汗腺が挙げられるかと思いますが、アポクリン汗腺の大部分は動物性タンパク質や脂質等のニオイの原因になってしまう可能性の高い汗であり、エクリン汗腺から湧き出る汗とは全く異なります。

アポクリン汗腺とエクリン汗腺の役割と特徴・対策の違い

この多汗症の原因になっているエクリン汗腺から湧き出る汗の99%以上は、水分ですので本来エクリン汗腺から出る汗は無味無臭であり、ワキガ特有の強いニオイは発生しないのです。

またアポクリン汗腺と比較すると、エクリン汗腺は身体中に存在する汗腺ですので、多汗症の方がワキガ体質の方よりも汗っかきなのは、【体内のエクリン汗腺の活動が一般的な方達よりも活発に活動している】というわけなんです。

 

これを一般的には新陳代謝の活動が活発と呼び、一言で多汗症と言ってしまうと「何か重大な病気なのでは…?」と身構えてしまう気持ちは非常に良く分かるのですが、30歳を境にエクリン汗腺の活動も低下しがちになります(^^)!!

[st-kaiwa1]あくまで多汗症は一時的な症状である場合が大半です。[/st-kaiwa1]

 

緊張したり、意識することでより一層汗をかきやすくなる

つまり多汗症とは、エクリン汗腺の活動が非常に密接な関係にある為、エクリン汗腺の量が一般的な方より多かったり、他人よりも新陳代謝の活動が活発であれば誰しもなってしまう症状の一つと考えるべきでしょう。

また、エクリン汗腺は自律神経と関係しており、意識すればするほどエクリン汗腺の活動を促してしまう原因となる場合が多いのも特徴の一つです。

ワキの汗ジミを気にすればする程、どんどん汗が湧き出てくる。

誰の目も気にしない自宅だと、あまり汗をかかない。

冬場でも、全く関係なしに汗をかく。

 

[st-kaiwa1]緊張してしまうと、体内の防衛機能が働き水分を体外に多く排出します。[/st-kaiwa1]

 

つまり、エクリン汗腺の活動そのものを低下させる事が多汗症対策として一番重要なことであり、仮に汗が出ない・普段より出ていないとあなたが認識出来れば、汗について意識する事が極端に減る為、自宅で何も考えずにくつろいでいる時みたいに、自然に汗が出なくなる可能性が高いですヾ(*´∀`*)ノ

半年〜1年間限定ですが、エクリン汗腺・アポクリン汗腺の活動を低下させてくれるボトックス注射で多汗症を対策するのが最適のトレンド♪

 

なんで汗っかきでもワキ・体臭がきつくなってしまうの?

[st-kaiwa1]大部分は水分ですので、細菌が繁殖し辛い汗である事に間違いありませんが、場合によってはワキガと同様に強い悪臭を放つ場合があります。[/st-kaiwa1]
ニオイが発生し易い
ワキ汗パット
店頭販売されてる制汗剤
清潔な衣類

確かに多汗症から発生するエクリン汗腺の汗は、99%以上水分ですから菌が繁殖し辛い状態と言えますが、どうしても時間が経過してしまうと外部からの菌や汚れと汗や皮脂が混ざり合い強いニオイを発生させてしまう事があります。

これらのニオイの事を俗にいう【汗臭いニオイ】ですので、細菌と混じりニオイが発生してしまう前に早めの対策が重要なんです(^^)!!

 

上の表でも紹介している通り、脇汗パットでは汗のシミを予防してくれる効果のみとなっており、パット内がまさにニオイの原因でもある細菌の巣窟となっている可能性が非常に高いので、一般的な方よりエクリン汗腺の活動が活発な多汗症の方には不向きと考えて間違いないでしょう( ˘ω˘)

 

多汗症のニオイを抑える効果的な対策方法とは?

[st-kaiwa1]キーワードは【保湿+制汗】です。[/st-kaiwa1]

 

いくら水分から構成されている多汗症の汗でも、皮脂汚れ等と重なることで強いニオイを発生させる可能性があることは、上で紹介した通りですので、多汗症のニオイ対策として効果的なのが、保湿効果に優れた専門的なニオイ対策クリームです(^^)

お肌を保湿することで、ニオイの原因になる皮脂を優しく守り、エクリン汗腺から湧き出る汗と皮脂汚れが合わさるのを防止してくれる働きが期待出来る点に加えて、ボトックス注射よりも値段が安く、学生さんやフリーターさんでも簡単に利用可能なんです♪

[st-kaiwa1]特定の部位にはクリームタイプ・全身が多汗気味なら専門的なボディーソープがおすすめです♪[/st-kaiwa1]

 

ボディーソープ・クリームタイプ共に多汗症から発生するニオイを予防してくれる商品♪

 

ワキガの特徴・疑問

ワキガはアポクリン汗腺が原因の場合が多い

[st-kaiwa1]多汗の原因はエクリン汗腺ですが、ワキガは大部分がアポクリン汗腺が原因です。[/st-kaiwa1]

 

一部のワキガ症状の方の中には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺共に発達した【多汗症+ワキガ】の場合がありますが、基本的に多汗症とワキガは全く別物と考えて間違いないでしょう(^^)

私自身、思春期の頃からワキガに悩んでいたので、とってもよく分かるのですが他人と比較しても自身が汗っかきと感じた経験なんてあまりないはず(^^)!!

 

その理由こそ、アポクリン汗腺のみが活発に活動している為なのです。

アポクリン汗腺はエクリン汗腺と比較すると、水分量が少なく動物性タンパク質や脂質を含んでいる少し粘っこい汗ですので、恥ずかしい脇汗からできるシミは発生し辛い場合が多いです。

あまり汗はかかない。

冬場でも関係なしにワキのニオイが強い。

耳垢が湿っている。

 

「汗っかきで、上の項目全て心当たりがある・・・」そんなあなたは多汗+ワキガの対策方法を参考にして下さい。

 

つまり簡単にお伝えするなら、ワキガの原因でもあるアポクリン汗腺の活動を低下させる事が最も効果的なワキガ対策なんですヾ(*´∀`*)ノ!!

多汗症は身体中の汗腺量や精神的ストレスを感じた場合に多く出る為、少し対策方法が難しいのですが、ワキガ対策は非常にシンプルであり、最も評判の高いワキガ対策が殺菌・制汗作用の優れたワキガクリームを利用する方法です(^^)

 

【まとめ】多汗症・ワキガ症状の違い・対策の違い

多汗症とワキガのニオイの違い

多汗症ワキガ
汗の量[star5][star3]
ニオイ運動・体臭が強い程度酸がかった強いニオイ
[st-kaiwa1]ワキガ臭は周囲10mでも簡単に判別出来るくらい強烈なニオイです。[/st-kaiwa1]

 

多汗症とワキガの対策・治療方法の違い

多汗症ワキガ
クリーム
石鹸・ボディーソープ
サプリメント
剪除法(手術)
ボトックス注射(手術)
[st-kaiwa1]多汗症にはボディーソープ・ワキガには汗腺の活動を抑え、殺菌してくれるクリームタイプがおすすめです。[/st-kaiwa1]

 

多汗症・ワキガ共に本気で治療しようと思えば、ワキガ手術が一番おすすめなのですが、値段が高く剪除法と呼ばれる一般的なワキガ手術方法だと、30万円〜50万円程費用が発生することに加えて、汗腺の量・医師の腕によっては再発の危険性も高いことから、ワキガ手術をする前に、自宅で出来る簡単な多汗・ワキガ対策を初めに行うべきでしょう。

体臭改善に特化したボディーソープランキングを確認してみる。

 

 

多汗+ワキガが合併した際の対策方法とは?

冬場でも他人と比較すると大量の汗をかいており、尚且つワキのニオイに悩んでいるのであれば、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の汗腺が通常の方よりも発達している可能性が高いです( ˘ω˘)

その為、通常のワキガクリームやボディーソープ等では効果が薄い場合が多い為、手軽に出来るワキガ手術として人気の高いボトックス注射の利用をおすすめします(^^)!!

値段が安い!(1万円〜2万円程度)

効果は半年間〜1年間持続!

半強制的に汗腺の活動を低下させる為、多汗・ワキガの正面にしっかり対応!

 

期間限定でしょうが、通常なら1万円〜2万円程度するボトックス注射が東京美容外科なら6,800円で利用可能!
[>>東京美容外科の公式サイトを見てみる。]

 

生活習慣の見直し・食生活の改善もニオイ対策として有効な方法ですが、ボトックス注射やワキガクリーム等を効率的に利用して、エクリン汗腺・アポクリン汗腺の2つの汗腺の活動を低下させるしか方法はないと考えて間違いないでしょう( ˘ω˘)