1ヶ月分/500円!格安&強効果!話題の口臭サプリレビュー

ワキガ手術の保険適応条件とは?保険手術のメリット・デメリット

[st-kaiwa1]保険適応のワキガ手術なら圧倒的に安い値段で治療可能です。[/st-kaiwa1]

 

保険を利用しないワキガ手術でしたら、10万円〜50万円と正直かなり高く、フルタイムで仕事している方でも、おいそれと簡単に払うのを躊躇してしまう金額ですよね・・・

そんな方に人気が高いワキガ対策方法が、殺菌作用・制汗作用の優れた医薬部外品のワキガ対策グッズと健康保険が適応されるワキガ手術ヾ(*´∀`*)ノ!!

平均して30万円程度かかるワキガ手術でも、健康保険適応のワキガ手術にすることで両脇治療でも5万円程度に抑える事が可能なんです♪

 

しかしながら、この圧倒的に安い金額で利用可能な保険適応のワキガ手術には重大なデメリットがあることをご存知でしょうか?

キチンとメリット・デメリットを理解し納得した上で、ワキガ手術を行って頂けるようにあなたが知るべき情報を簡単に記載してみましたのでご確認の上、改めてワキガ手術を検討し直してください(^^)

ワキガ手術の保険適応条件とは?

剪除法のみ保険適応可能

 

剪除法ビューホットミラドライ
手術内容メスを入れ、目視で汗腺を除去。超音波による汗腺破壊。熱による汗腺破壊。
保険適応
[speech_bubble type=”std” subtype=”R1″ icon=”girl-smile.png” name=”まみちゃん”]保険適応可能なワキガ手術は【剪除法】だけなんだね![/say]

 

ワキガ手術と言っても、ワキガレベル・金銭的負担も考慮して様々な対処法がありますが、健康保険が適応されるワキガ手術はメスを数センチ入れ、ニオイの原因になっているアポクリン汗腺を目視で切除する剪除法と呼ばれる手法のみに適応されます。

この剪除法とは、軽度のワキガから満員電車内をワキガのニオイで充満させてしまう重度のワキガにまで幅広く対応しており、一番メジャーなワキガ手術方法でもあります(^^)

 

また美容外科・クリニックによっては剪除法でも、保険適応外で行っている所も多く、あまり保険内で治療してくれる箇所が少ないのが現実です( ˘ω˘)

古くから、剪除法はワキガ手術の定番治療方法として人気が高く、ビューホットやミラドライは2010年あたりから爆発的に人気が高まった治療方法ですので、残念ながら2017年現在は保険適応外ですが、いずれ健康保険内で治療出来る日もそう遠くはないでしょうね♪

  1. 診断・カウンセリング。
  2. 施術。
  3. 施術から3日〜4日にワキの包帯を外す。
  4. 1週間〜10日後に抜糸。
  5. 術後自己メンテナンス。

 

 

保険適応ワキガ手術のメリット

圧倒的に安い値段で利用可能!

あるのと無いのではこんなに違うんです!

保険適応された剪除法・・・両脇5万円程度。

保険適応外の剪除法・・・両脇30万円〜50万円程度。

[st-kaiwa2]ビックリするほど安い値段で利用可能なんです♪[/st-kaiwa2]

 

ワキガ手術の値段の記事内や冒頭でも簡単に紹介していますが、平均してワキガ手術にかかる費用は30万円程度。

大卒の初任給より高い計算になりますね(笑)

勿論この値段を支払ってワキのニオイが完全に無くなるのであれば、値段を気にせずに手術する価値は充分にあると言えますが、【手術】である以上100%再発が無いなんて無責任な事なんて言えませんし、実際にワキガ手術を行った方の中には時間の経過と共にニワキのニオイが復活してしまった・・・等と答えている方も少なからずいます( ˘ω˘)

※ワキガ手術と再発の危険性

30万円以上支払って再発してしまっては元も子もありませんが、保険適応内の5万円の支払いで可能なワキガ手術でしたら、精神的にかなり楽ですよね♪

[st-kaiwa3]どのワキガ手術でも100%再発の危険性がない方法はありません。[/st-kaiwa3]

 

にしても、30万円以上するワキガ手術が5万円で利用可能な点はかなりコスパが優れていると考えて間違いないでしょうヾ(*´∀`*)ノ!!

 

目視によるアポクリン汗腺切除

 

近年特に人気の高いメスを入れない代表的なワキガ手術でもあるビューホットやミラドライは、メスを入れない=つまり直接汗腺を確認しないでワキ全体に施す方法です。

しかしながら保険適応手術でもある剪除法は、ワキの皮脂にメスを入れ、白い汗腺を確認した上で切除することが可能なんです♪

 

メスを入れることに対して抵抗が無いようであれば非常におすすめ出来るワキガ手術方法ですねヾ(*´∀`*)ノ!!

[st-kaiwa2]傷は時間の経過と共にワキのシワに隠れ、目立たなくなります。[/st-kaiwa2]

 

保険適応のワキガ手術外科を確認する。

 

保険適応ワキガ手術のデメリット

全てのアポクリン汗腺を切除することは困難

 

[st-kaiwa1]]赤の線ががメスを入れる箇所だとお考えください。[/st-kaiwa1]

 

剪除法の最大のデメリットは、メスを入れた周辺のアポクリン汗腺・エクリン汗腺しか切除出来ない為、一部分の汗腺を切除することしか出来ない場合が多く、つまり保険適応の剪除法のワキガ手術を行ってもニオイが完全に無くなる可能性は非常に少ないのが現実です( ˘ω˘)

どのくらい残るのか?はあなたのアポクリン汗腺量に応じて変動するので、一概には言えませんが、今のワキガ臭いレベルが100とすると、20〜30程度は残ると考えておいた方が良いでしょうね。

剪除法ビューホットミラドライ
内容一部分のアポクリン汗腺を切除。ワキ全体のアポクリン汗腺を破壊。ワキ全体のアポクリン汗腺を破壊。

また、アポクリン汗腺・エクリン汗腺を切除する段階で、どうしても正常な皮脂も同時に切除してしまう為、どうしてもワキ表面が少しデコボコしてしまう可能性があります。

 

メスを入れる手術方法の為傷口が残る

[st-kaiwa3]男性でしたら、あまり気にならない部分ですが・・・[/st-kaiwa3]

 

確かに時間の経過と共にワキのシワに隠れて、メスを入れた箇所が目立たなくなりますが手術してかた半年間は少し赤く変色してしまうことがあります。

その為、保険適応の剪除法を利用するならワキを見せる機会が少ない秋〜冬に行うのがベスト(^^)!!

また保険適応の剪除法は、包帯を外すのに1回・糸を抜く際に1回と手術後から計2回手術した美容外科に時間を作り、行く必要があります。

 

糸を抜くまでに約1週間程度かかりますので、それまでは出来る限りワキを濡らさないようにケアする等、意識して生活する必要があるのが少々面倒くさい所ですね( ˘ω˘)

 

保険を利用したワキガ手術はアリ?ナシ?

 

こんなあなたに保険適応ワキガ手術はおすすめ!

本格的なワキガクリームを使ったが、全然効果が無かった・・・

数ヶ月後に大事な用があるかた、それまでにこの臭いをなんとかしたい・・・

ワキガ手術したかったけど、値段が高すぎて諦めていた。

 

[st-kaiwa2]悩んでいるなら試してみるべきですよ。[/st-kaiwa2]

剪除法は、どうしてもメスを入れる為、術後のメンテナンス・2回程度病院に行く必要があることを考慮すると「1ヶ月後までに、この臭いをなんとかしたいッ!」と考えている場合には不向きですが、一番メジャーなワキガ手術方法であることに違いありませんので、本格的なワキガ手術を求めているなら試して損はしないはず。

両脇5万円程度で汗腺を切除してくれるワキガ手術は保険適応の剪除法しか2017年現在ありません(^^)!!

1週間後・2週間後までにニオイをなんとかしたい・・・

そんな緊急性の高い悩みをお持ちのあなたは、ボトックス注射がおすすめ!

剪除法やミラドライ・ビューホットと違い、半年間程の一時的な汗腺抑制の働きのみですが、翌日から効果が実感出来ることに加えて、[テキスト・東京美容外科]でしたら6,800円で処置してもらえるんです♪