手のシミに効くサプリはNG!シミを消す医薬品を使うべき2つの理由

シミ消しサプリはシミを消す働きは無し!な3つの簡単な理由

シミを消す方法として、一部の情報サイトが『サプリメントがおすすめ!』と紹介しているようですね。

以前の私も、そんなシミに効くサプリとして販売していた製品を4ヶ月間使い続けた過去があります。

結果は・・・ご察しの通りです。

アラサー女

「最低でも3ヶ月は飲まないと効果ないよっ!」と人づてに聞いていたので素直に飲んでいたのですが、ネットでサプリの成分・特徴について調べてみると、私のせいじゃなくキチンとした効果がいまひとつな理由を知ることができました😅

その情報と、本当に効果的なシミに強く働きかける錠剤についてご紹介しますので、サプリメントを申し込む前に是非最後までスクロールしてくださいね⭐

シミに効く医薬品で、本当のあなたを早急に取り戻しましょう💓

結論1番おすすめしたいシミに効く薬はコレでした!

 

シミサプリはシミに効かない理由

それでは、シミサプリメントがシミに効かない単純な理由についてご紹介します😊

1・サプリ=健康食品だから

アラサー女

まずは、こちらの表をご確認ください。
効果副作用
第一類医薬品
第二類医薬品
第三類医薬品
医薬部外品
健康食品

詳しい基準についてはこの記事で説明するのを省きますが、基本的にシミに効く市販薬として評判が高いのは『第二類医薬品・第三類医薬品』の2種類の分類される内服薬です。

アラサー女

第一類医薬品は、副作用の可能性を考慮して薬剤師しか販売することを許されていません。

そして、第二類医薬品も薬剤師・または国に登録者販売を申請・許可された販売店のみ売ることを許されていますので、実質市販で買える1番品質の高い内服薬は、『第三類医薬品』となっています。

副作用などの悪影響も考慮すると、1番最適と思えるシミに効く医薬品ですよね⭐

 

では、シミに効くと販売しているサプリは一体どの医薬品に分類されるのでしょうか?

その答えは、なんと『健康食品』に分類されるんです😅

つまり、少し雑に言ってしまうと『青汁やカトリーメイト』と同じ種類として販売している商品という事になります。

確かに青汁やカロリーメイトってダイエットや肌活に良さそうなイメージがありますが、あくまでカラダに良さそうなイメージだけですよね。

まさか、カロリーメイトを食べるだけでダイエットが出来るとは誰も思わないはず。

 

2・シミ対策に必要な成分が入っていないから

シミサプリとして売られている商品の配合成分を確認してみると、シミや小ジワに効くと言われているL-システインがほとんど配合されていませんでした。

こちらのL-システインは、ビタミンC等の肌トーンを向上してくれる成分を合わさり、メラニン色素を抑制しながら、カラダの内側からシミ(メラニン)を薄くしてくれる効果があります。

 

こちらのL-システインが配合していない飲み薬だと残念ながら、シミ対策として有効な働きは期待できないでしょう。😅

もちろんローヤルゼリーや各種ビタミン類も重要ですが、L-システイン。

こちらの成分を含んでいるのか、否か?で本当に効果的なシミ対策薬なのか簡単に把握できるんです💓

L-システインの効果
  • しみ・そばかす・日焼け後の色素沈着を解消。
  • 肝機能の向上。
  • インフルエンザの症状を和らげる。
  • 爪や皮膚の健康・美容維持。

つまり、シミを消す働き以外にも、以前の状態を取り戻す美容全般のサポート効果も兼ねているという事になります⭐

 

まとめると・・・

  • サプリメント=健康食品。
  • 健康食品は、カラダの成長を促進してくれる栄養素を配合した商品。
  • 市販薬で1番効果が強いのが、『第三類医薬品』
  • シミに効く薬は、『第三類医薬品』の中から、選ぶことはもはや必須です!

手のシミに効く!効果的な医薬品

手の甲のシミ-2
手の甲のシミ-1
Lシステイン価格特徴
ロスミンローヤル1601,900円シワ対策
キミエホワイト2401,900円肌荒れ全般
ホワイピュア2403,880円

国内でシミに効く第三類医薬品は、上の表で紹介してる3種類以外に2017年現在販売されてません。

どの医薬品も非常に評判が高く、迷ってしまう所ですが・・・私自身が実際に購入し、3ヶ月間継続した結果、目の下付近のシワが少し薄くしてくれたロスミンローヤルをおすすめします😊

 

ロスミンローヤルをおすすめする理由

ロスミンローヤルの評判・特徴

詳細
形状医薬品
内容量270粒
契約内容いつでも解約可能の定期コースと単品購入
定期価格(初回)1,900円
定期価格(2回目〜)5,800円
単品1,900円+送料

アラサー女

Amazon・楽天では販売していませんでした。

 

シミとシワを予防・改善してくれる保湿効果

シミを消してくれる働きが特徴のL-システインの内容量は、160mgと医薬品として販売してる評判の高いシミ消し内服薬の中で、1番含有量は確かに少ないです。

 

では、一体どうして1番おすすめしているのか?

それはシミに加えて、手の甲を年齢より若く見せてくれるシワ予防の働きも兼用しているからなのです😊

シワ消し効果も兼用しているのはロスミンローヤルだけ!

原因不明の黒いシミってホントに年齢より老けて見えて仕方ありませんよね😅

ですが、年齢より老けてしまう原因は、シミ以外にもシワが原因なのかも知れませんよ?

 

そんな小ジワへの効能が唯一認められているのが、私が特におすすめしたいロスミンローヤル

メラニン色素を分解しながら、他人がケアを怠りがちのシワへ働きかけることで、あの人より若々しい手の甲を創り出してくれるサポート効果も兼ねているわけなんです💓

 

医薬シミ消し薬で1番多い有効成分を配合

ローヤルゼリー50mg・カルニチン塩化物50mg・ローヤルゼリー50mg・カルニチン塩化物50mg・L-システイン160mg・安息香酸ナトリウムカフェイン100mg・DL-メチオニン100mg・グリチルリチン酸一アンモニウム10mg・アスコルビン酸(ビタミンC)180mg・トウキ末100mg・ビタミンE散(50%) 50mg・シャクヤク末200mg・チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)10mg等

アラサー女

シミ・美容に関連するあらゆる有効成分が1粒に詰まっています。

第三類医薬品と言っても、内服薬ですので肌の外側から塗り込む薬用クリームタイプと比較すると少々効き目が遅れてやってくるのは仕方のない部分です。

また、内服薬という特製を最大限にまで生かすなら、カラダの内側からロスミンローヤルでじっくりシミ・美容に働きかけながら、早急シミ対策としてクリームタイプも合わせて兼用すべき。

 

仮に、シミ以外にも気になる部分(小ジワ・肌のたるみ・くま)も年齢より若く見せることがお望みなら、私と同じく1番有効成分が多く配合してるロスミンローヤルとの相性が抜群なはずですよ💓

 

シミを消す効果的な飲み方・使い方

  • 朝・昼・晩と1日3錠を目安に飲む
  • お水はぬるま湯で飲んでください。
  • 原則的に食後30分以内に飲むのがおすすめです。
  • 必ず1ヶ月は飲み続けないと効果が体感できない場合が多いです。

サプリと違い、ロスミンローヤルはれっきとした医薬品ですから、正しく利用しないと副作用のリスクが高まります。

効果と副作用は表裏一体な所がありますので、正しく安全にご利用くださいね⭐

 

さいごに

副作用が限りなく低い第三類医薬品のシミ対策内服薬のロスミンローヤル

カラダの調子にすこしでも違和感を感じた場合は、お近くの病院にご相談の上、安全第一で気になる手の甲・顔のシミの無い生活を手に入れてくださいね😊

以前のように、シミなんて一切気にしなかったあの頃の手の甲に戻しましょう!

手の甲のシミ取り【完全版】原因と女性が選んだ1番人気の消す方法