パウダー or クリーム?手汗を抑えたいならどっち?メリット・デメリット

クリームとパウダー商品を比較・検討してみた結果当サイトでは、実際に私が利用して効果を実感したクリームタイプのフレナーラをゴリ押ししていますが(笑)販売されている手汗対策商品には、人気の高いクリームタイプ以外にファンデーションのようなパウダータイプの手汗対策商品も一部ですが販売されています。

両方共に、口コミ評判が高く、手汗を抑える上でこの2種類の商品の中から私と同じようにあなたも選ぶ事になるかと思いますが、クリームタイプの方が向いている方・パウダータイプの方が向いている方があり、安易に口コミ評判やレビュー記事を参考にして導入するのは少し危険な考え方かも知れません( ˘ω˘)

 

そこでクリームタイプ・パウダータイプ共にメリット・デメリットを紹介していきますので、一体私の手汗に適しているのはどちらなのか、参考にして貰えると幸いです(^^)!!

こんなあなたは○○の手汗対策商品がおすすめ!

クリームパウダー
制汗[star4][star5]
サラサラ[star3][star5]
保湿[star5][star2]
安さ[star5][star3]


手汗クリームの魅力

中島かおりさんじゃないですが、私は中学生から慢性的な手汗に悩んでいた過去があり、緊張する場面(部活やテスト)等では、本当に酷くマトモに日常生活が過ごせない程でした( ˘ω˘)

 

その当時は、インターネットなんてまだ全く発達していなかった時期ですし、適当に親から勧めてもらった市販のワキガ用の制汗剤を使っていましたが、全く効果が無く20代になるまで半ば諦めていました。

そんなおそらくあなたより酷い手汗に悩んでいた過去がある私が、手汗対策に特化したクリームを利用した事で、一気に世界が輝いて見えたんです♪

 

100%全く手汗の心配がなくなったのか?と言われれば、残念ながら「NO」ですが、目安としてはクリームを使っていない時の80%以上は解消出来たと自負していますヾ(*´∀`*)ノ!!

[st-kaiwa1]私みたいに昔から手汗が酷いならクリームタイプ一択ですッ![/st-kaiwa1] [st-card id=68]

 

クリームタイプのメリット・デメリット

持続時間が長い

[st-kaiwa1]手に染み込ませるクリームタイプは、パウダーより持ちが良いんです![/st-kaiwa1]

 

パウダータイプはサクッと手表面に付着しやすくエクリン汗腺から湧き出る汗の出口の毛穴を塞いでくれる為、即効性の高い手汗対策商品である事に違いありませんが、パウダーがスマホや持ち物にどうしても付着してしまう為、持続時間が短いデメリットがあります。

その点クリームタイプは肌の染み込ませ、汗腺の活動を低下させる働きがメイン効果ですので、圧倒的に持続時間が長いのが特徴ですヾ(*´∀`*)ノ!!

 

つまり1日何回も手汗対策商品を利用する必要が無く、出かける前にワンプッシュ手に塗り込むだけで半日程度でしたら、特に問題なく効果が持続しましたね(^^)

テサランなら最大72時間効果が持続

[st-kaiwa1]人気手汗対策クリームのテサランは最大72時間効果が持続するみたい。[/st-kaiwa1]

 

私は、フレナーラで充分過ぎる程、手汗対策出来ましたのでテサランは利用しておらず、肝心の効果については未知数ですが、最大72時間・つまり【お風呂に入っても効果が持続=直接汗腺に働きかけている】という事でもあり、皮脂表面にのみコミットしてるパウダータイプとの圧倒的な違いでもあります(^^)

テサランの公式サイトをご覧頂ければ分かる通り、【最大72時間】と明記されていますが、どのレベルの手汗症状の検証結果なのか?という重大な点は記載されていない事から、私達のような昔から手汗に悩んでいる人の場合でしたら、限度は1日程度なのでは?と実体験から感じています( ˘ω˘)

 

殺菌効果が強く、重度の手汗対策用商品としておすすめ

上で紹介している通り、クリームタイプは出かける前にワンプッシュ塗り込めば1日程度でしたら充分に手汗を抑えてくれる持続性が特徴の商品ですので、思春期の頃から手汗に悩んでいた方に非常におすすめ出来る商品です(^^)

その鍵となっている成分こそ、日本皮膚科学会が手汗対策成分として利用を推奨してる塩化アルミニウムです。

 

塩化アルミニウムは、半強制的に汗腺を塞いでくれ継続して利用することで、エクリン汗腺自体の活動を低下してくれる手汗対策として非常に重要・かつ効果的な成分でもあります(^^)

しかしながら、塩化アルミニウムは【汗腺を塞いでくれる=刺激成分】でもありますので、ワキやデリケートゾーンの制汗剤には配合していない事が大半であり、手汗対策に特化したクリームだからこそ含まれている成分です♪

[st-kaiwa1]だから市販のワキ用制汗剤を塗ってもあまり効果がないんだね![/st-kaiwa1]

ワキガクリームを手汗を止める用途で利用しても意味がない理由

 

この成分を含んでいる商品こそ、当サイトで特におすすめしてるクリームタイプの手汗対策商品であり、重度の多汗症に特化した商品と言われる所以です(^^)!!

 

コンパクトサイズで持ち運びに適している

持ち運びに優れたコンパクトサイズ

[st-kaiwa1]出張先や旅行先でも安心のコンパクトサイズ♡[/st-kaiwa1]

 

手汗対策商品のみならず、全ての制汗アイテムに共通する事ですが、出来る限り汗対策商品を使っている事をバレたくないないですよね?

その点、手汗対策クリームでしたら化粧ポーチにスッポリ収まるコンパクトサイズが魅力の一つであり、気になった時にサクッとトイレに駆け込み、簡単に手汗対策が可能です♪

 

持続時間が長い為、半日で自宅に帰れる時は持ち運ぶメリットはそこまで感じられてませんが、緊急時にサクッといつでもどこでも塗り込めるクリームタイプは、ポートの中に忍ばせておきましょう(^^)!!

 

〜まとめ〜クリームタイプのメリット

持続時間が長い

殺菌作用が含まれており、思春期から続く重度の手汗対策商品

化粧ポーチに収まるコンパクトサイズ

※クリームタイプのランキング情報を見てみる。

 

敏感肌の方には不向き

敏感肌には不向き

肌が元々弱い。

市販の制汗剤で以前かぶれた事がある。

重度の手汗対策成分として人気が高い塩化アルミニウムを含んでいる以上、肌が弱く少しの刺激で荒れてしまうような方には残念ながら不向きと言わざる終えません( ˘ω˘)

私が使っていたフレナーラのような塩化アルミニウムを使っていない手汗クリームも少なからずありますが、ほぼ全ての手汗クリームは【塩化アルミニウム入り=刺激が強い】と考えるべきでしょうね( ˘ω˘)

※クリームタイプなのに低刺激のフレナーラ解説記事はこちら

 

パウダータイプのメリット・デメリット

即効性が高い

ファリネの人気の秘密

[st-kaiwa1]即効性を求めるならパウダータイプがおすすめだよ![/st-kaiwa1]

 

手汗クリームによっては最大72時間の持続を誇り、朝出かける前にサクッと手に染み込ませるだけで簡単に半日〜1日程度でしたら、特に問題なく汗の発汗を抑える事に成功出来る商品ですが、クリームタイプは塗ってから手汗を抑えるまでに少々タイムラグが生じます( ˘ω˘)

正確な時間は定かではありませんが、感覚的に塗ってから10分〜20分程度で少しずつ効果が現れると思って頂ければ分かりやすいでしょう。

 

その点手汗パウダーでしたら、塗ってから1分程度で効果が実感でき、デート中や緊急時の手汗対策として利用するならクリームタイプよりパウダータイプを選ぶべきヾ(*´∀`*)ノ!!

 

直ぐにサラサラ感が欲しいならパウダータイプ

非常に強いサラサラ感が実感出来ます

手汗クリームの配合成分には、塩化アルミニウム等の刺激成分の他に肌を保湿してくれる働きがある成分も含まれている為、【サラサラ…というよりはしっとり感】が特徴の商品です。

そして手汗パウダーは、0,002mmの超絶細かい粒の働きによって、即効性が高い事は当然ながら非常にサラサラした手をゲット出来るんです♪

[st-kaiwa1]一度友人の手汗パウダーを使った事がありますが、とってもサラサラで驚きました![/st-kaiwa1]

 

緊急時にサクッと塗る事で即効性の高い制汗効果が期待出来る点に加えて、【ベタベタした手→サラサラした手】に数分でチェンジ出来ることから、デート中にカバンに忍ばて利用している方が非常に多いのも納得出来ます(^^)!!

手汗症状の中でも、得にベタつきが酷い場合はクリームよりもパウダータイプがおすすめです。

一番人気の手汗パウダー【ファリネ】の詳細記事はこちら

 

クリームタイプより大きい為、ポケットに忍ばせるのは困難

[st-kaiwa1]クリームタイプより、少し嵩張りが気になるね。[/st-kaiwa1]

 

縦で比較すると、パウダータイプに軍配が上がりますが体積で比較するのであれば、パウダータイプの方が大きく、化粧ポーチ等で持ち歩く前提で利用を検討しているのであれば、少々不向きかも知れません。

 

塗り直すのに手間がかかる

上で紹介している通り、手汗対策用パウダーは非常に細かい粉が毛穴に付着する事によって、即効性の高い制汗効果が期待出来る商品である事に違いありません。

しかしながら、時間の経過と共にパウダー自体が取れてしまう事が多く毎回塗り直す手間を考慮すると、手軽さで比較するならクリームタイプのような汗腺により深く浸透できる商品がおすすめですね。

 

まとめ・2種類の手汗対策商品はこんなあなたにおすすめです

どちら?
重度の手汗対策クリームタイプ
即効性が高い商品が欲しいパウダータイプ
手がべちょべちょするパウダータイプ
持ちが良い商品が欲しいクリームタイプ
保湿効果も兼用したいクリームタイプ
安い商品が良い同じ
[st-kaiwa1]重度の手汗対策はクリーム・軽度〜中度の手汗対策はパウダータイプがおすすめですッ![/st-kaiwa1]

 

[st-card id=68]

 

[st-card id=86]