イソプロピルメチルフェノールの効果/副作用・毒性はない簡単な理由

イソプロピルメチルフェノールの安全性・効果などの特徴を紹介します。

多くの制汗剤に入っている有効成分として、とっても人気の高いイソプロピルメチルフェノール。

ですが、『一体イソプロピルメチルフェノールって何なの?』と疑問に思っているのは決してあなた一人ではありません。

 

わたしも制汗剤に対して知識がない頃に、同じように『カタカナばっかりで読み辛いしなんだか良くわからない・・・』と思っていた内の一人でもあります😊

ですが、イソプロピルメチルフェノールが持つ働きや効果について調べてみると、どうして口コミ評判の高い制汗剤・ニキビ商品に配合しているのか納得できました⭐

 

一部では副作用について色々言われているようですが、一言でお伝えするなら『全く心配する必要ありません』

その理由・安全性・効果について簡単にまとめてみました。

イソプロピルメチルフェノールは副作用・毒性の心配なし!その理由と安全性

無味無臭の成分ですから、多くの制汗剤に利用されていますので商品パッケージの裏側を確認してもらえば知らない間に、イソプロピルメチルフェノールを使用していたなんて事もしばしば起こりやすいです。

そんな人気成分でもあるイソプロピルメチルフェノールは、国内で販売してる製品に含む為には非常に厳格な記載・記入を薬事法によって制限されています。

配合量は厚生労働省が厳格に規制

効能・効果 用法・用量(本品希釈倍数)
・手指・皮膚の消毒:フェノールとして1.5~2%溶液を用いる。(50~67倍)

アラサー女

基準値より多いと日本国内では販売出来ません。

日本国内で販売している制汗剤・ニキビ改善商品に多く配合されているイソプロピルメチルフェノールですが、厳格に基準値が厚生労働省によって定められています。

内容量の2%以下にイソプロピルメチルフェノールを配合していないと、医薬部外品どころか国内で販売出来ませんし、仮に販売してしまうと最悪の場合『販売中止・逮捕』といった厳しい処罰が課されてしまう可能性があります😅

 

どの製品もそうですが、適度に摂り込む分には有効な効果が期待できますが、過剰に取り込んでしまうとカラダに悪影響を与えてしまいます。

イソプロピルメチルフェノールは、特定の働きに絶大な働きがある成分ですから、このように厳密に規制していないと、過度に含ませた製品が販売されてしまうわけなんですね😅

 

ちなみに、このイソプロピルメチルフェノール含有量は日本国内で販売してる製品のみ有効です。

一部のニキビ改善製品・制汗剤を海外から取り寄せて販売している業者もありますが、その場合は含有量基準を守る必要がない状態にあります。

一部の商品は効果が強い代償として、たくさんの刺激成分を添加しているんですよ。

アラサー女

副作用や安全性を不安視しているあなたは『海外製品よりも国内製品』の商品を使うようにするだけで、安全性は飛躍的に向上します😊

 

塩化アルミニウムより圧倒的に肌に優しい

制汗・殺菌が特徴の有効成分と言えば、イソプロピルメチルフェノールか塩化アルミニウムが代表的な成分です。

しかしながら、塩化アルミニウムはイソプロピルメチルフェノール以上に注意して使用することが厚生労働省によって同成分以上に厳格に定められています。

 

そして、塩化アルミニウムと比較すると、イソプロピルメチルフェノールはデリケートな箇所に利用することを想定して配合してる有効成分です。

アラサー女

塩化アルミニウムは手や足等の皮膚が厚い場所に使われているケースが多いです。

以下の使う時の注意点をよく確認してもらえば、あなたが不安に感じていること・副作用はほとんど心配する必要がないと断言できますよ⭐

関連記事塩化アルミニウムの効果/クロルヒドロキシアルミニウムとの違い

 

トリクロサンとイソプロピルメチルフェノールの違い

ブドウ球菌やグラム陽性菌を殺菌してくれる成分として知られているトリクロサン。

こちらの成分とイソプロピルメチルフェノールを一緒に考えている人が多いようですが、米国でトリクロサン配合製品の販売を禁止にする措置がとられました。

アラサー女

国内では依然トリクロサン配合製品が販売されています。

このように海外では販売禁止になっているトリクロサンですが、イソプロピルメチルフェノールは身体や環境に悪影響は無いと報告されていますので安心して利用して構いません。

詳しいトリクロサン成分については下記の記事からご確認下さい。

関連記事トリクロサン・トリクロカルバンの毒性&商品一覧【2017年】

 

使う時の注意点

アラサー女

評判の高い有効成分ですが、継続して使うことが最も効果的な利用方法です。
  1. 商品説明欄に記載してる1日の量を正しく守ること。
  2. 1度に大量に使用しないこと。
  3. 傷口に使用しないこと。

一部の利用者は、『たくさん使えば使う程効果が早まる』とお考えのようですが、上記で紹介しているように、1回の使用で大量に使ってしまうと、あなたが不安に思っている副作用(肌荒れ・かぶれ・吹き出物)に発展しかねません。

 

あなたがイメージしてる通り、イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用に優れた有効成分ですので、使用上の注意をよく守り、メリットのみをあなたの気になる部分に還元してくださいね😋

 

ちょっと休憩。

  • 薬事法に則り厳しく含有量を身体に悪影響が出ない範囲で制限している。
  • 海外生まれのイソプロピルメチルフェノール配合製品には、国内の薬事法は適用されないので注意が必要。
  • 塩化アルミニウムより肌に優しい。
  • トリクロサンとイソプロピルメチルフェノールは全く違う成分。
  • 規定量以上に使うと吹き出物・皮膚湿疹等の副作用が生じる場合がある。
  • 正しく利用すれば、私達にはメリットしかない。

イソプロピルメチルフェノールの効果

それでは、『イソプロピルメチルフェノールの気になる副作用や毒性は正しく利用する範囲では無い』と知ってもらえた所で、実際の効果・働きについてご紹介します😊

ニキビ改善

イソプロピルメチルフェノールとニキビ改善

「食事・洗顔はキチンとしてるのに一向にニキビが改善されない・・・」

そんな時に効果的と評判の高い製品に多く含まれているのが、ご存知イソプロピルメチルフェノールです😊

 

このイソプロピルメチルフェノールが優れていると評判が高い理由は、原因菌と同時にカビの一種でもあるアクネ菌やマラセチア菌を殺菌してくれる働きにあります。

ドラックストアで買える洗顔商品にも配合してることが多々ありますので、商品パッケージや宣言CM以外に、配合成分を確認しながら製品を選ぶのもおすすめですよ⭐

 

膣カンジダの治療・改善

イソプロピルメチルフェノールには副作用が無いと証明するように、女性に多いカンジダを治す医薬品にもイソプロピルメチルフェノールが配合してることが多々あります。

ですが、イソプロピルメチルフェノールでカンジダを治すのでは無く、カンジダを改善してくれる複数の成分の中の一つです。

カンジダ治療として定番の市販薬でもあるフェミニーナ軟膏にも含まれています。

 

白癬菌を殺菌しながら水虫治療

水虫の主原因でもある白癬菌を殺菌・除去してくれる働きもイソプロピルメチルフェノールには兼ね備えています。

水虫治療は、皮膚科で行う印象がありますが軽度(初期段階)でしたら、イソプロピルメチルフェノール配合の水虫薬で改善できる可能性が高いのです。

ちなみに、汗疱と水虫は素人目線では間違えやすいので皮膚科の医師に診断してもらう方法が最も確実です。

関連記事汗疱と水虫の見分け方・簡単な違い・治し方を写真付きで紹介

 

口内菌の発生を抑え、口臭予防

口臭の原因には、口内環境と体内環境の2種類が合わさり、あの強い毒性MAXの臭いに変化しています。

そして、口臭予防対応の歯磨き粉に最近多く含まれているイソプロピルメチルフェノールは、口内環境の悪化で大量発生してしまう常在菌を殺菌してくれる働きが期待できるのです😊

アラサー女

口臭対策商品には『シメン5ーオール』と記入していることが多いです。

ですが、口内環境のみを改善しても体内環境(腸内環境)から発生するニオイも改善しない限り、本格的な口臭改善には至らないケースが多いので、口臭サプリメントなどを併用することで必須条件ですね😅

関連記事効果に驚き!口臭サプリメントランキングを確認してみる。

 

足の常在菌を殺菌・ワキガ予防

ノーノースメルにはイソプロピルメチルフェノール配合

関連記事ノーノースメルの効果/口コミ評判・最安値を解説

当サイトでも紹介してる多くの足のニオイ対策に有効な制汗剤や、ワキガに特化した制汗剤の原因菌を殺菌・防臭してくれる働きがイソプロピルメチルフェノールの最大の魅力です。

塩化アルミニウムより刺激が少ないのでデリケートな部分でも使用上の注意をよく守れば使える点が嬉しい所ですよね😋

 

一時は、抗菌剤のトリクロサン成分の評判が高かったようですが、近年安全性がより明確に記載された背景から、より安全・効果的なイソプロピルメチルフェノールに代用されることが増えてきた事も、同成分の働き・人気の要因の一つとなっています⭐

 

まとめると・・・

  • 厚生労働省監修の元、厳格な含有量規制をされ、安全性が保証された状態で販売している。
  • ※海外産の製品には、厚生労働省は関与していません。
  • ニオイの原因菌を殺菌・防菌してくれる効果が最大の魅力。
  • 安全が保証された成分ですが、。使用上の注意をよく守りましょう。
  • シメン5ーオールとイソプロピルメチルフェノールは同じ成分。
  • 無味無臭。
  • 水虫治療・ワキガ対策・足の臭い対策商品に広く使われている。

イソプロピルメチルフェノール・まとめ

イソプロピルメチルフェノール

防臭・殺菌効果を謳っている商品には、ほぼイソプロピルメチルフェノールが入っている事もあり定番の化合物として私達の悩みにコミットしてくれる安全な成分です😊

一度に大量に使う等の過剰使用をしなければ、副作用や安全性を気にする必要すらありません。

 

安心してあなたの気になる部分にイソプロピルメチルフェノール配合の製品を上手に使ってくださいね⭐

 

イソプロピルメチルフェノール配合の人気商品

脇汗(ワキガ)対策商品

商品紹介プロデオの効果

 

足の臭い対策商品

足の臭いを取る石鹸ランキング
足の臭いを消す解消石鹸おすすめランキング【レビュー】

商品紹介ノーノースメルの効果/口コミ評判・最安値を解説