ワキガの遺伝を防ぐ方法ってあるの?子供の未来が心配・・・

[st-kaiwa1]残念ながらワキガは遺伝する可能性が多い症状です。[/st-kaiwa1]

【ワキガじゃなかったら人生変わっていたかも知れない…】

自身のワキのニオイについて全く意識していない人からすれば「ちょっと大袈裟すぎないw」と鼻で笑われてしまうかも知れませんが、思春期からワキガと向き合ってきた方でしたら、以下にワキガが私生活・仕事に直接的な影響を与えるのか身をもって体感しているはず( ˘ω˘)

 

こんな辛い思いをしてほしくない…と愛する我が子にワキガが遺伝してしまうのでは?と気になってしまい夜も満足に寝られない方にこの際はっきりお伝えしますと、子供に遺伝する確率は両方ともワキガだった場合は70%〜80%・片方でワキガの場合でしたら40%〜50%と言われています。

[st-kaiwa1]もちろんあなた・2人友がワキガでも、子供はワキガにならない可能性だって充分にあります。[/st-kaiwa1]

確率論の話しをいくら交わしても正直答えなんて出ませんし、つまり現代の医学では、子供にワキガを遺伝させない方法は解明されていないのです(´;ω;`)ウッ…

 

しかしながら子供のワキガを発生させ辛くする為の予防対策が有ることをご存知でしょうか?

子供が現在ワキガじゃなくても、ワキガだったとしても愛する我が子の為に基礎知識として、両親が知っておくべき情報を簡単にご紹介します。

ワキガと遺伝の関係性

両親が強いワキガであれば有るほど子供に遺伝しやすい

[st-kaiwa1]ニオイの強さはある汗腺が関係しています。[/st-kaiwa1]

一言で【ワキガ】と言っても衣類に付着した菌がアンモニア臭を発生させたり、乾燥しがちな皮脂が皮膚上の常駐菌を混ざり合う事によって強いニオイを発生させたりしますが、最も大きなワキガの原因はワキやデリケートゾーン等に多く存在しているアポクリン汗腺が関係しています。

このアポクリン汗腺が大きければ大きい程、大量の動物性脂肪分や老廃物を溜め込みやすくワキガになりやすく、この大きさを左右する一つの原因として遺伝が関係しているのです。

アポクリン汗腺

つまり両親が共にワキガだった場合、ワキガになり得る大きいアポクリン汗腺の遺伝子を2人分受け継いでいる事になりますので、片方がワキガよりも、両方がワキガの場合の方が子供にその遺伝子(アポクリン汗腺)が遺伝してしまう可能性が高まってしまうのです。

中には「ならこのアポクリン汗腺を出産前に取り除いたら子供に遺伝する確率が減るんじゃないの?」と考えワキガ手術を検討している方もいるようですが、遺伝子レベルの話しであり、仮に親御さんがアポクリン汗腺切除手術をしても正直関係ないと考えて間違いないでしょう。

 

[st-kaiwa1]【一重の方が出産前に整形しても、子供が二重になる確率は上がらない】と同じ考え方です。[/st-kaiwa1]

あなたも一度はワキガ手術を検討したことがあるでしょうが、アポクリン汗腺を切除する一般的なワキガ手術には再発の危険性があり、子供に直接的な影響は0%である以上、ワキガ遺伝の対策としては意味をなしません( ˘ω˘)

 

母親より父親のワキガ遺伝子の方が強い(遺伝する)って聞いたことがあるけど・・・

一部では【母親より父親がワキガの方が深刻!(遺伝し易い)と言われており、意中の男性と結婚を意識する際に不安に感じている方も決して少なくありません(^^)

しかしながら、結論を先にお伝えしまうと、女性でも男性でもワキガ遺伝子(アポクリン汗腺量)に関しては同じであり、父親がワキガだからといって高確率でワキガになる心配は全くありません。

[st-kaiwa1]男性ホルモンとワキガ遺伝子は別物と考えましょう。[/st-kaiwa1]

おそらく【男性ホルモンが強い=ワキガ】と安易に結びつけている方が多いことに加えて、女性の方が「旦那のワキガが影響して子供がワキガになってしまうかも(なった)」と友人やネット上にアップする場合が多いのが原因でしょう。

女性がワキガ・男性が無臭なのに子供がワキガになってしまったケースは正直いくらでも耳にした事がありますし、男性だから・女性だからと言って子供のワキガ発生率が上昇することはありませんのでご安心下さいヾ(*´∀`*)ノ!!

両親がワキガで有るほど子供がワキガになる確率が上がる。

性別によってワキガになる確率が上がる心配はない。

あくまで確率論であり、必ず子供がワキガになってしまう保証はどこにもありません(^^)

 

ワキガと愛する子供との向き合い方

遺伝が実際に確認できるのは思春期以降

[st-kaiwa1]赤ちゃん・幼児の段階ではワキガ遺伝子が移っているのかは判断出来ません。[/st-kaiwa1]

親御さんからすれば、一刻も早くワキガ遺伝子が移ってしまったのか知りたいでしょうが、アポクリン汗腺が活発に活動するのは小学校高学年〜中学生のいわゆる思春期以降ですので、赤ちゃん・幼児時代はワキガ特有のツンッとしたニオイと無縁でも、思春期に入り急激にワキガ症状が発症してしまうことが大半ですので、長い目線で子供のニオイの状態を観察する他無いと言えるでしょう。

大人ワキガの見分け方として耳垢の状態から調べる方法がありますが、赤ちゃんは私達の数倍、新陳代謝が活発であり耳垢が慢性的に湿っている状態が普通ですので、耳垢の状態で幼児のワキガ遺伝の判断をしないでください。

 

規則正しい生活・野菜中心の生活を心がける

[st-kaiwa1]毎日の意識が遺伝以上に重要です。[/st-kaiwa1]

【親がワキガだと愛する我が子にも辛い思いをさせちゃうの…?】

とお考えのあなたに、おすすめしたいワキガ対策は毎日の生活習慣・食事からアポクリン汗腺を刺激させない方法です。

アポクリン汗腺は思春期に急激に活動する汗腺であり、大人ワキガ対策でしたら制汗作用・殺菌・保湿効果に優れたワキガクリームがとっても人気が高いのですが、動物性脂肪分を過剰に摂取しない野菜中心の食生活も、幼児から出来るワキガ対策として人気が高いのです。

ワキガは遺伝によっても大きく左右されますが肉中心の食事や、糖分の過剰摂取に寄ってもアポクリン汗腺内に強いアルカリ性の汗が溜まりやすい為、体内に浸透・消化されやすい植物性タンパク質の摂取を行うべきでしょう。

小学生からワキガ対策としてワキガクリームを愛用させている親御さんが居ることも耳にしますが、ワキガと決まっていない段階で友達がしない行動・商品を利用していると子供が必要以上にニオイを意識してしまう為、返ってワキガ症状を誘発してしまう危険性すらあります( ˘ω˘)

[st-kaiwa1]早寝早起き・適度な運動・野菜中心の生活を意識させて下さい。[/st-kaiwa1]

私達がどうあがいても、思春期以降にならないとワキガが遺伝しているのか不明ですから、まずは今日から出来ることから始めるのが一番効率的な子供の為のワキガ対策と考えるべきでしょうね(^^)!!

 

栄養成分の宝庫でもあるおいしい青汁がとってもおすすめ!

青汁=大人の野菜ドリンクとして認知されていますが、子供でも美味しく飲める青汁が2016年あたりから非常に多く販売されています(^^)♪

幼児のワキガ対策として、野菜に含まれている植物性タンパク質が効果的とお伝えしましたが、青汁の中には普段の食事から取り込める栄養成分の5倍〜10倍以上がコップ1杯に配合されているので、ワキガ対策用としてだけじゃなく子供の成長を促進する上でも効果的な飲み物なんですヾ(*´∀`*)ノ!!

[st-kaiwa1]野菜栄養成分を取り込むことならすぐに出来ますよね。[/st-kaiwa1]

そんな子供におすすめな青汁の中でも、特に人気が高い青汁こそ、子供の為だけに開発・販売されている[テキスト・こどもバナナ青汁]♪

こどもバナナ青汁の詳細
初回限定価格980円
2回目以降3,880円
内容量1ヶ月分/30日分
子供が大好きなバナナ味。
メイン効果軽度なワキガ対策・スッキリ感・立ちくらみ防止
特徴牛乳の4倍のカルシウム・キャベツの10倍の食物繊維等、身体の健康を美味しくサポートしてくれる子供に人気の高い美味しい青汁です(^^)
[st-kaiwa1]60日間の返金保証に対応している珍しい青汁ですので、金銭的リスク限りなくゼロに等しいので一度子供の健康を考えトライしてみても良いでしょう。[/st-kaiwa1] [>>こどもバナナ青汁の公式サイトを見てみる。]