皮膚科でもらえる手汗薬で治療する/値段・効果について

皮膚科でもらえる手汗薬について

特定場面のみの手汗症状にお悩みでしたら、市販(薬局・ドラックストア)で買える手汗薬もおすすめですが、本気で手汗をオサラバしたい場合は、専門知識を有する皮膚科の診察を受け、お薬を貰うのが何かと安心ですよね💓

ですが、初めての皮膚科での診察・・・どうしても不安になる気持ち、とってもよくわかります😊

  • 手汗薬の値段(費用)は?
  • 気になる効果は?
  • メリット・デメリットはあるの?
  • どのくらい使うの?
  • 副作用は?

等、不安に感じるポイントを中心に紹介します⭐

病院HPは、専門用語のオンパレードですので、何がなんだからよくわかりませんよね・・・😅

難しい言葉・用語などは出来る限り噛み砕いてご紹介していますので、是非あなたの手汗対策の参考にご覧ください😊

皮膚科でどんな薬を貰えるの?

プロバンサイン

プロバンサイン

関連記事プロバンサインの特徴について詳しく紹介した記事

詳細
制汗力
手軽さ
副作用の可能性

アラサー女

手汗以外にも、夜尿改善薬としても人気です。

手汗を改善するお薬って液体タイプかクリームタイプの製品が大半ですが、プロバンサインは業界でもかなり珍しい錠剤タイプの手汗薬です😊

飲み始めてから20分〜30分程で効果を発揮してくれる即効性の高さが魅力ですが、便秘・口の乾き・発疹などの副作用も報告されることの多い薬でもありますので、長期的な利用には適していません😅

 

ちなみに、最近ではプロバンサインを『オオサカ堂』と呼ばれる個人輸入代行業を経由して買うのが1番安い購入方法だと紹介してる情報サイトが非常に多いようです。

ですが、プロバンサインは内服薬であり、身体にどんな副作用があるのか私にも想像出来ません・・・😥

 

外部から塗り込むタイプの制汗剤でしたらまだしも、内服薬は明らかに危険・・・

必ず病院を経由して使い始めてください。

 

塩化アルミニウム水溶液

詳細
制汗力
手軽さ
副作用の可能性

アラサー女

制汗力が非常に強いと評です。

汗が出る汗腺を強制的に変形されることで、汗を出づらくしてくれる働きが特徴の塩化アルミニウム水溶液は、非常に高い制汗効果が特徴の大人気薬です💓

こちらのお薬で手汗をすっきり改善できた!と答える人が多いのも納得っ😊

 

わたしもこちらの塩化アルミニウム水溶液を主原料として配合したお薬を持っていますが、かなり高い効果に正直ビックリしましたね・・・⭐

ちなみに、塩化アルミニウム水溶液は原料の名前であり、お薬名(製品名)は、パースピレックスと呼ばれています。

 

プロバンサインより効果が強いので、重度の手汗症状によく利用されていますね😊

ですが、重度の手汗対策専門の成分ですので、毎日使うことはせず数日置き程度の利用頻度で使うことをおすすめします。

追記情報
以前までは病院の診察を経て使うことしか出来なかった塩化アルミニウム水溶液ですが、とある場所で自宅に居ながらスマホ一つで取り寄せ可能!わたしもこちらの販売店を利用して使っています😋

関連記事塩化アルミニウム水溶液のデトランスαのレビュー記事はこちらです。

 

その薬の値段は?

市販の手汗薬より格段に効果が保証されている病院での処方薬ですが、効果以外にももう一つ気になる点がありますよね?

そう、『一体どのくらい値段がするの?』ですよね😋

継続的に使う可能性がある以上、できるかぎり値段が安いことに越したことはありませんが、あなたが心配しているような金銭的な負担はあまり考える必要はないかも知れません。

 

保険適応の為、格安で受診可能

アラサー女

風邪の診察と同程度の負担額です。

初診でしたら5,000円〜7,000円程しますが、2回目以降だとお薬代(1,000円〜1,500円程)と診察料だけですので、病院によりけりですが1ヶ月/4,000円程度の負担額と考えてもらえれば分かりやすいかと思います⭐

ちなみに塩化アルミニウム水溶液を配合したデトランスαでしたら、1ヶ月分/3,000円以下でサクッと通信販売で購入可能です💓

 

  • 皮膚科の診察後にあなたの症状によって処方薬は変わる。
  • プロバンサインは身体の調子が悪くなる副作用の可能性あり。
  • 塩化アルミニウム水溶液は、塗った箇所が赤くかぶれてしまう可能性あり。
  • 病院で処方してもらえる手汗薬は、保険適応だから1ヶ月/4,000円以内に収まる場合が大半。
  • 病院で処方される塩化アルミニウム水溶液は通販で買えるようになりました。

皮膚科の手汗薬・まとめ

肌が弱い場合はパースピレックス(デトランスα)は注意が必要

以前までは、病院のみでしか処方されていなかった成分を含んだ商品が、今では特定の通信販売点で購入できるようになりました💓

ですが、基本的には医師の診断が必要なお薬。

つまり、副作用の可能性が他の制汗剤と比較しても飛躍的に高いという事になります😅

 

この副作用は仮に、皮膚科の医師に診断してもらっても副作用の危険性は同じです。

 

ちょっと不安ですよね・・・

そんなあなたは、まずは通販限定の制汗剤を使うべきです💓

わたしは、医療手汗薬と通販限定制汗剤の2種類を試しましたが、安心して使えたのは通販限定制汗剤でした😊

また、副作用の危険性も非常に少ない制汗剤ばかりですので、まずは通販限定で販売してる制汗剤を利用してみて、その後の手汗状態と比較しながら、改めて医師の診断を仰ぐか決めて頂くのが、後悔しない選択肢です😊

 

知って得する関連記事

関連記事手汗を止める制汗剤/使って効果的だったおすすめランキング

関連記事塩化アルミニウム水溶液のデトランスαのレビュー記事はこちら。

関連記事代表的な手汗手術『ETS手術』の特徴・詳細はこちら。