手の甲のシミでレーザー治療は安くない!通う前に知っておくべき事実

手汗のシミを取るレーザーについて

『レーザー治療って案外安いらしい・・・!』

このような情報を手の甲のシミに悩んでいるあなたは、一度は聞いたことがあるはず😋

確かにレーザー治療は、皮脂に深い場所にまで侵入してるメラニン色素を破壊してくれますので、深いシミでも消してくれると評判の高い対処方法の一つです。

 

その上、値段が安ければ私達にとって最適なシミ消し方法だと思ってしまうのも無理ありません。

ですが、最先端技術でもあるレーザーによるシミ消し治療は、場合によっては非常に高い費用を請求される可能性があります。

おすすめ記事手の甲のシミ取り【完全版】原因と女性が選んだ1番人気の消す方法

 

手の甲のシミ取りレーザー治療の費用

まず始めに、あなたが1番気になっているレーザー治療の費用についてご紹介しますね😋

手の甲のシミを除去するレーザー治療の内訳は『診察料金+レーザー費用✕回数分』によって決まります。

 

そして、サンプルとしてあなたに知って貰いたいレーザーでのシミ取り治療は総合計費用は『5,000円〜100,000円』です。

かなり値段に開きがありますね・・・

アラサー女

このポイントこそ、手の甲のシミをレーザー治療で取る場合に1番注意してほしい項目となっています。

では、何故ここまで料金に差が生まれてしまうのか?その理由について解説しますね😋

MEMO
ちなみに、予約する際の豆知識として、直接気になっている美容外科・クリニック・皮膚科に連絡するのではなく、インターネットから割引プランで申し込める場所から予約すると3,000円〜5,000円程安く診察して頂けます⭐

 

シミの大きさによって変動する

ここまで値段が変動してしまう原因の一つに『シミの大きさによって値段が変わってしまう』ことが挙げられます。

手の甲のシミは、顔のシミと比較してそこまで大きいシミは出来づらいのですが、5mm程度のシミを消すのに4,000円〜6,000円程必要です。

 

少し大きめのシミ(5mm以上)になると、10,000円〜あざのような数センチ四方のシミだと30,000円〜50,000円程かかるケースが大半です。

 

シミの数によって価格が変動する

そして、レーザー治療によるシミ消し方法は、『シミの大きさ✕個数=レーザー費用』となっていますので、より多くの手の甲のシミを消す場合には、それなりの費用がかかりますね・・・😅

自身の手の甲を一度確認して下さい。

目視できる範囲でも数個のシミ・場合によってはそばかすのように部分的にたくさんシミが付着しているかと思います。

 

1個の小さいシミを消す場合でも約5,000円程必要になりますので、仮に10個のシミを消すなら50,000円・大きいシミと小さいシミが混同してる場合なら平気で100,000円以上する場合もありますね。

50,000円程

50,000円〜100,000円程

 

痛み・痒みが生じる可能性あり

また、レーザー治療ですので、当然と言えば当然ですが、肌が外部からの刺激に弱い場合、痛みや痒みが生じてしまうケースも多々報告されています。

いわゆる『副作用』と呼ばれる症状の一つですね😅

 

アフターケアに関しては、担当者から詳しく説明して頂けますが、少しでも不安に感じた場合はレーザー治療自体を取り辞める等の勇気も必要です。

 

条件によっては保険適応内

上で紹介してるシミ取り費用は『保険適応外の場合の費用』です。

ですが、実際にシミ取りを皮膚科・クリニックで行った人の口コミを確認してみると、一握りですが「保険を適応してもらったからかなり安かったよー!」なんて意見があります😋

 

確かに保険を適応してもらえるなら、お財布的にも大変ありがたいですよね💓

ですが、保険が適応されるシミ取りは、非常に限定的でほとんどの方には保険が適応されない場合が大半です。

保険適応の条件
  • シミは基本的に保険適応外。
  • アザに分類されるなら保険が適応される。
  • 国が定めた一部のレーザー治療のみに限定される。

アラサー女

シミなのかアザなのかの判断は素人には難しいので、医師の判断に任せる形になります。

つまり、あなたを悩ませていたモノが、シミじゃなくアザに分類されるなら保険が適応されますが、仮に保険が適応された場合でも、厚生労働省から許可しか一部のレーザー器具でしか治療することは出来ません😅

また、最新技術を搭載したレーザー器具は、基本的に厚生労働省の許可を受けない場合が多く(時間とお金がかかりますからね・・)保険適応内のレーザーは少し古いタイプの器具を使うしか無いのが現状です。

 

まとめると・・・

  • 深いシミでも、レーザーの熱破壊により高い解消効果が最大の魅力。
  • シミの大きさ・数によって費用はピンキリ。
  • 痛み・痒み・治療後のアフターケアが少々めんどくさい。
  • 基本的にシミ治療は保険適応外・アザなら保険適応内。
  • 保険適応内のレーザーは従来のタイプ。
  • シミ状態によっては数回通う必要あり。

さいごに

薬用クリームや内服薬と比較すると、非常に高いシミを消す方法でもある『レーザー治療』

確かに多少高いお金を払っても、シミが消えるなら・・・とレーザー治療も人気の高いシミを消す方法であることに違いありません💓

 

ですが、最近の市販・通販で簡単に買える薬用製品の品質がかなり向上しており、レーザー治療の10分の1程度の費用で消す・または限りなく気にならないレベルまで薄くすることだって十分に可能なんです😋

アラサー女

私がおすすめしたいシミ消し方法はこちらです!
  1. 自宅で出来る簡単ケア(薬用ジェル or 内服薬)でシミを消す&薄くする。
  2. 3ヶ月間〜6ヶ月程様子を見る。
  3. それでも改善できない場合のみ、レーザー治療を検討する。

簡単に払える金額じゃないことは確かです。

計画的にレーザー治療の利用を検討したいですね😋

おすすめ記事手の甲のシミ取り【完全版】原因と女性が選んだ1番人気の消す方法

関連記事皮膚科で手のシミを消す時の治療内容・消し方を解説します

関連記事手のシミに効くサプリはNG!シミを消す医薬品を使うべき2つの理由