1ヶ月分/500円!格安&強効果!話題の口臭サプリレビュー

クロルヒドロキシアルミニウムの効果/塩化アルミニウムとの違い

クロルヒドロキシアルミニウム

一昔前までの汗対策成分と言えば、デトランスaの有効成分としても人気の高い塩化アルミニウムでしたが、最近ではクロルヒドロキシアルミニウムを有効成分として配合してる汗対策商品が増えています。

クロルヒドロキシアルミニウムは、特に手汗対策・ワキガ対策商品に広く利用されていますので、商品欄の明記してある聞き慣れない成分に不安に感じている人も決してあなた一人ではありません^_^

 

この記事では、そんな聞き慣れないクロルヒドロキシアルミニウムと、汗対策成分として有名な塩化アルミニウムの違い・人気の秘密について解説したいと思います。

 

塩化アルミニウムとクロルヒドロキシアルミニウムは全く違うモノだよー。

塩化アルミニウムは刺激が強いから、使う時注意してねー。

クロルヒドロキシアルミニウムは、効果◎だけど肌の負荷が少ないから、まず始めに使いたい成分だよー。

>>早速、クロルヒドロキシアルミニウム手汗クリームを確認する。

クロルヒドロキシアルミニウムと塩化アルミニウム比較

クロル・・・塩化・・・
制汗作用[maru][marumaru]
医薬部外品指定指定
安全性[marumaru][sankaku]
値段普通普通

塩化アルミニウムは、薬事法で厳密に最大配合成分量が決められており、この成分量を超えて販売してしまうと、営業停止・販売の即中止等の厳密な罰則があります。

その理由は、塩化アルミニウムは確かに制汗効果は優れているが、その分大量に塗り込んでしまうとかぶれの原因になってしまうからです(´・ω・`)

 

確かに圧倒的な制汗効果は非常に魅力的ですが、手汗を根本から解消したいと願うなら、制汗効果以上に安全性を重視して商品を選ぶことが、半年後の笑顔に繋がります。

 

クロルヒドロキシアルミニウムは発がん性がある?

一部では、『クロルヒドロキシアルミニウムには発がん性がある』と言われているようですが、実際にクロルヒドロキシアルミニウム配合商品を使って、がんが発症してしまった事例は報告されていません。

では、なぜ発がん性がある可能性があると表現されるのでしょうか?

 

その理由は『アルミニウム系の成分が金属系の物質であること』に関係しています。

しかしながら、あくまで憶測の領域であることに過ぎず、一部の研究者が可能性があると発表されたからといって発がん性があるとは言い難いです。

(研究結果を発表するだけなら学生でも可能ですし、色々なオトナの商売が関係してる場合が多いのです)

 

また、発がん性があると報告されてましたが、別の方による報告で発がん性発表は根本から否定されています。

 

クロルヒドロキシアルミニウムの制汗効果

おすすめです!

本格的な手汗対策クリームがほしい!

赤くかぶれるのは嫌。

本気で手汗を改善したい。

アラサー女

副作用の心配が少ないクロルヒドロキシアルミニウムを最初に使いましょう。

確かに比較すると、塩化アルミニウムが制汗効果に特化した成分である事は確かです。

そして、私もそうだったように手汗に悩んでいる人の多くは、『安全性<<<制汗効果』を重視したいと考えているのも、同じ悩みがある私にはよく分かります。

 

ですが、クロルヒドロキシアルミニウムでも充分過ぎる程の制汗効果はありますし、仮にあなたが本格的な手汗対策商品を使った経験がないのであれば、塩化アルミニウムより先にクロルヒドロキシアルミニウム配合の商品を利用すべきです。

手汗症状は、貴方が元々持っているエクリン汗腺量や精神状態によって大きく変わります。

そして、仮に塩化アルミニウムで赤くかぶれてしまうと、肌は修復作業に入り普段以上に多くの汗を排出し、傷を修復しようと試みます。

 

そうなってしまっては本末転倒(´・ω・`)

ですから、まずはクロルヒドロキシアルミニウム配合の商品を使い、それでも改善出来ない場合のみ刺激が強い代わりに、制汗作用に特化した塩化アルミニウム配合商品を使うべきです。

 

また、一部では普段はクロルヒドロキシアルミニウム配合商品を使い、緊急時にのみ塩化アルミニウム配合商品を使う二刀流使いの方も居ます^_^

どちらにせよ、両の成分共に制汗効果は優れていますので、こちらの成分を配合してる商品を効率的に使いながら手汗を少しでも改善されましょう。

 

知って特するおすすめ記事

低刺激の手汗対策クリームランキング

『塩化アルミニウム配合』デトランスαの特徴

『クロルヒドロキシアルミニウム配合』テサランの特徴